search
instagram
facebook

suppage press

COLUMN MUSIC

Home > COLUMN > MUSIC > 【ReLOOP】vol.1 – アーティスト SIRUPによるコラム

【ReLOOP】vol.1 – アーティスト SIRUPによるコラム

COLUMN MUSIC

2019.05.04

ついに始まってしまいましたコラム。
 
タイトルの ReLOOP」とは造語みたいなものです。映画や漫画、アニメからインスピレーションを得ることが多く、それらの作品から受けた刺激を自分の作品に落とし込んで、またそれが誰かの刺激になればと思っています。まさに、「ReLOOP」だなと思いこのタイトルにしました。
 
少し真面目に語りましたが、ゆるーくやっていこうと思いますので皆様もそんな感じでお暇なときにでも読んでいただければありがたい所存でございます。
 
とにかく趣味、または刺激を受けたものについてツラツラとダラダラと書いていけたらええなぁと思っております。
 
 
第一回の今回は、めっちゃ好きな映画を。
 
好きな映画というとまず思い付いたのが、
CURE』という作品。(1997年公開)
黒沢清監督と役所広司さんが初めてタッグを組んだサスペンス作品で、ビデオ小僧だった小学生の頃にホラーが好きで手に取ってパニックになりながらも何か感動を覚えた記憶が残っています。今だにたまに観ますが解釈がたくさんあって飽きません。大好きであり、恐ろしい作品です。
 
 
~あらすじ~
 
不気味な殺人事件が発生した。被害者は鈍器で殴打後、首から胸にかけてX字型に切り裂かれていたのである。犯人は現場で逮捕されたが、なぜ被害者を殺害したのか、その理由を覚えていなかった。そして酷似した事件が次々と発生していった。これらの事件を追うことになった刑事の高部は、精神を病んでいる妻との生活と、進展しない捜査に翻弄されて疲弊してゆく。やがて、加害者たちが犯行直前に出会ったとされる男の存在が判明する。男の名は間宮邦彦。記憶障害を患っており、人に問いかけ続けるその言動は謎めいていた。そんな間宮の態度が高部をさらに追いつめていく。しかし、間宮と関わっていく中で高部の心は密かに癒されていく。
(Wikipediaより引用)
 
 
予告編

 
 
こういったサスペンス見慣れてない方だとかなり難解な作品で、1度観ただけでは一体なんだったんだ、どうゆうこっちゃ!って感じで終わると思います。しかし何度も観るうちになんとなく自分の腑に落ちるところを見つけることができると思います。
 
個人的には、人間ってほんとに沢山の要素を持ってていろんなことを内包し抱えながら生きていて、それを伝達したり会話することで外に出していくことが精神的な喜びに繋がりまさに「癒し(CURE)」になるんやなと考えさせられた映画です。
 
謎解き要素もあるし、スピーディーな展開や、サブリミナル的な映像効果もあってエンターテインメント性も高くて面白いのでぜひ観てみてください!グロ要素もあるのでホラー苦手な方は要注意ですが。
 
 
とゆうことで、こんな感じで毎月12回更新できたらと思ってます。
 
 
また会いましょう~ありがとう~
 
 
 
●Profile
 
 
SIRUP
 

SIRUPは変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激するグルーヴィーなサウンド、そして個性的な歌詞の世界観でリスナーを魅了する。2017年にリリースしたデビュー作「SIRUP EP」が主要音楽ストリーミングサービスを賑わせ、2018年8月には2nd EP「SIRUP EP2」をリリース。2019年夏に開催される初の全国ツアーも、チケットが即日Sold Outになるなど現在話題沸騰中。

 

SIRUP official web site

Instagram

Twitter

 

●Release information

 

 

5/29 Release.

New Album『FEEL GOOD』

先行配信「Pool」楽曲試聴、音楽配信サイト、プレオーダーはこちら

「FEEL GOOD」購入リンクはこちら