search
instagram
facebook

suppage press

COLUMN MUSIC

Home > COLUMN > MUSIC > 【ONKO-TISIN】vol.5 ダンサー YANCHIによるコラム

【ONKO-TISIN】vol.5 ダンサー YANCHIによるコラム

COLUMN MUSIC

2020.06.16

 

《99年、00年に見ていたダンス動画 中編》

 

前回に引き続き、99年、00年によく見ていたダンス動画、中編です。

 

今の時代はYOU TUBEでキーワードを入力するだけで好きな動画を観れる時代ですが、当時といえば、福岡にいる僕が東京やN.Yのダンスのビデオを見るには、
先輩が持っているビデオを借りるか、先輩が見尽くして解禁されたビデオを見るという流れが多く、僕が最新と思って見ているビデオが実は2年前だったなんてことはよくありまして・・・

 

さらに回ってくる頃には既に何回もダビングを重ねているので映像が歪んだり嵐になったりしたビデオもありました。ここステップ見たい!って時に限って
トラッキングしても絶対に横線が入るみたいな・・・
なんとかの情報の中でせっせと踊っていたんですが、今回もそんな借りたビデオの中で何度も見ていた動画特集です。
当時、頑張って何とか見ていた動画もYOU TUBEで探せば余裕で上がってるんですねー。それも同じアングルもあったりと。
それほど僕が見ていたビデオは有名なショーだったということですね。

 

 

中編、後編ではハウスダンス以外のジャンルもビデオには入っていたので、他のジャンルの動画もあげていきたいと思います。

 

当時はビデオにチームの名前や個人の名前も載っていないし、当時先輩に聞いても「ちょっと分からんねー」という感じでしたが、
今はYOU TUBEの概要に曲名や、ダンサーの名前も載っていたりするので本当有難いです。

 

ビデオで伝わるか分かりませんが、当時のダンスショーって異様な熱気でした。今はお客さんの行儀も良いので中々当時のような雰囲気を
味わえませんが、僕がクラブに通い始めた99年00年ですら、まだ怖い雰囲気が残ってましたからその前はもっと凄かったと思う

 

 

 

1本目の動画ですが、N.Yのダンスチーム「ELITE FORCE」の動画です。僕が借りたビデオのアングルは正面からでしたがこちらは右前から
ELITE FORCEはNYのHIP HOPダンサーが集まったチームで、MICHAEL JACKSON / MARIAH CAREY / WILL SMITH / JAY-Z などの振付、
バックダンサーとして活躍したダンスチームです。メンバーのリンクとイージョーというダンサーはTRFのツアーにも参加してましたね。
YOU TUBEには99年のショーと書かれてますが、僕がこの映像を見たのはたしか01年頃、19歳だったと思う。
先輩に「とにかくやばいショーだから絶対見た方が良い」と言われたのを覚えています。
振り付けは勿論凄いのですが、それぞれのソロのリラックス感が良く、見ている方も楽しく見れます。
当時の格好良いダンサーはスポーティーなダンスをする人よりも、悪い雰囲気があり余裕な感じのダンサーが格好良かった。

ELITE FORCE

 

 

ここで使われている曲が、イギリス人3人組のロックバンド(ホワイトレゲエバンド)
The Police / When The World Is Running Down
ギターとベースラインがシンプルで気持ち良いです。弾けるスネアがダンスをより弾ませます。

 

 

2本目↓
前編でもアップしました、N.Yを代表するハウスダンスチームのDANCE FUSION(justice / Mike / SHAN.S)の3人バージョンのショーケース。
中でもキャップにロングドレッドのジャスティスのダンスがめちゃくちゃ格好良くこんな風に踊りたいなーと思って練習してました。
2年前にジャスティスが来日した時には、彼のメイキングビデオに出演させてもらったり、ダンスセッションも一緒にしました。
やはり彼のラテンなダンスは変わらず格好良かった。

 

 

 

このショーの中で使われている好きな曲を紹介します。
Kabbala / Ashewo ara
UKのアフロファンクバンドで、ベースと音ハメしたくなるホーンのフレーズがなんともカッコ良い
ハウスの4ビーツで踊るのも気持ち良いですが、生バンドで踊るのが一番気持ち良いと言っていた先輩の「音楽に勝手に踊らされてしまう」とはこういう事かと、
その後実際に生バンドと一緒にダンスショーをした時に気づきました。

 

 

最後にもう一曲。
Osibisa / Fire
こちらもイギリスのアフロファンクバンド。
当時のハウスダンサーの中でUKアフロファンクが流行っていたのか?
こちらもベース、サックス、トランペット、ギター、ドラム、大所帯のバンドのグルーヴが好きです。何重にもグルーヴが生み出され
自然にリズムをとってしまう曲です。
こんなバンドと一緒に踊ると楽しいだろうなー。最近生バンドで踊ってないのでコロナが落ち着いたら踊りたいな。

 

次回は後編です。
結局映像見返してると当時を思い出してずっと見てしまい、中々コラムが進まないというYOU TUBE沼・・・

 

 

 

●Profile

 

 

YANCHI

 

2001年に福岡でダンス活動を開始。福岡出身のダンサー。

ハウスダンスを軸にエモーショナルなグルーヴとエッジの効いたリズム、コンテンポラリーダンスで培った発想が融合したダンススタイルは国内外問わず支持されている。数々のアーティストと共演、制作、CM,MV,舞台など幅広く活動し様々な大会での優勝、代表に選出される。
2016年、ホピ族ルーベン氏の協力のもとインディアンジュエリーショップ「LOLMA」をスタート。パイプセレモニーの儀式を経てインディアンネームを授かる。現在、ダンサーだけに留まらずDJ活動や、数々のイベントをディレクション、オーガナイズするなど、型にハマらないボヘミアンスタイルを開拓中。

Instagram