search
instagram
facebook

suppage press

COLUMN MUSIC

Home > COLUMN > MUSIC > 【ONKO-TISIN】vol.6 ダンサー YANCHIによるコラム

【ONKO-TISIN】vol.6 ダンサー YANCHIによるコラム

COLUMN MUSIC

2020.08.12

 

《99年、00年(01年)に見ていたダンス動画  後編》

 

 

今年は特にあっという間に時間が過ぎもう残り4ヶ月。。。

 

 

緊急事態の解除から、少しづつダンスシーンも変わりつつありますがダンスレッスンは皆んなマスクをしたまま人数制限のルールでクラスを再開しています
まだまだこの雰囲気も続きそうですが、やはり友達とは直接会って話したり、お茶したりするのは楽しいので、
どうにか遊べる方法を考えていくのが必要だなと思ってます。

 

そして早くフットサル再開したいですw

 

 

今回はダンス動画後編なんですが、00年までだと載せれない動画があったので01年の映像も入れてみました。

思い返すと、一本のビデオテープで大量の練習ができたし、当時のビデオテープってそれくらい貴重でした。

 

借りるビデオテープは、そろそろ返してって言われるまでの時間制限つきだし、時間内に何回見れるかみたいなのはありました。
さらにもう一回ビデオ貸してくださいって言いにくし。。。
それもあって、自分で借りたテープをコピーできるようになるまでは、練習方法も地面に石ころ置いてステップ練習したり、
地面にガムテープに番号書いて貼って練習したり、吐きそうになるまでとにかくターンの練習してみたりとアナログな方法でしていた気がします。

 

今回はそんな何回も見て練習をしていたビデオ紹介の後編です。

 

1本目↓
KOJI+HIRO
日本を代表するハウスダンサーのショーケース。
このショーを初めて見た時は曲編成が印象的でした、特に一曲目。
ジャンルはなんだろう?ハウスっぽいけど四つ打ちじゃない。
先輩にジャンルを聞いたらCLUB JAZZ / NEW JAZZ系だと教えてもらい、新しいジャンルを知るきっかけになったショーです。
今も僕はショーでJAZZ系はよく使ったりします。ハウスよりも音数が細かったり生音感があるので踊っていて楽しいんですよね。
是非チェックして見てください。

 

 

このショーケースの一曲目に使われている曲です。
Voom Voomはオーストラリアのアーティストでドラムビートとパーカッションの相性が良く気持ちよい曲です。

 

Poppen / VoomVoom

 

 

2本目↓
N.YのクルーStepfenz。ハウスダンサー・ブレイクダンサー・ヒップホップダンサーなど色んなジャンルのダンサーが集まっているクルー。
これはハウスダンサー二人にB-BOYが一人の編成です。何が驚いたかというと、曲が早い・・・そして振りを間違えまくるw
それで良いのか?と。だたそれを超えてくるソロダンスが好きなんですよね。
後から聞いた話だと、外国人あるあるだと。そもそも振り付けのために踊っているわけでは無いので日本人のように正確に振り付けを合わせる概念や重要視性があまり無いのだと
この映像では特にB-BOYのソロのフロアーテクニックを盗もうと練習してました。
ただいきなりフロアームーブの基礎もないので覚えれるはずもないし、やり方も分からないのでもうちょっとダンスが上達して練習しようと断念した記憶が。。。
さらにビックリなのは、福岡の某有名クラブのスタッフの方がStepfenzのメンバーだったと(濃厚な情報)をききました。
本人に直接聞いたことは無いのですがいつかちゃんと聞いてみたいですね。

 

 

このショーで使われている一曲目のBasement Jaxx / Samba Magicです。
夏のクラブの熱気を思い出す曲で、最初から最後まで盛り上がりっぱなしなので、途中で疲れますw

 

 

3本目↓
Ejoe&Brian Green、NYハウスダンサー界のレジェンドのバトルという名のセッション動画。
久しぶりにこの動画見て思ったのが、ブーツ履いて踊っているとは思えない動き、テクニック、流れるグルーヴ、なによりも身体能力にビビりました。
無茶な体勢から立ち上がったり、身体をパワーでコントロールしたり、身体能力もダンスには欠かせ無い要素だと改めて感じるダンスです
誰しもが歳を重ねて衰えてくる部分なので、フィジカルも鍛え続けなければと改めて感じました。

 

 

 

3回に渡り99年、00年に見ていたダンス動画をご紹介してきましたが、当時のダンスに対する見方ってかなり直球でした。
とにかく真似して踊るってみる。真似するためにどうやったら出来る様になるか?は考えたりしてましたが、大切なのはこの考える部分
とダンスをジャンルで考えすぎないという事に気付いたのはそれから3年後くらいの事でした。

次回は、今までショーで使ってきた曲の紹介をしてみようと思います。
これまた何回かに分けていくパターンになるな・・・

 

 

 

 

●Profile

 

 

YANCHI

 

2001年に福岡でダンス活動を開始。福岡出身のダンサー。

ハウスダンスを軸にエモーショナルなグルーヴとエッジの効いたリズム、コンテンポラリーダンスで培った発想が融合したダンススタイルは国内外問わず支持されている。数々のアーティストと共演、制作、CM,MV,舞台など幅広く活動し様々な大会での優勝、代表に選出される。
2016年、ホピ族ルーベン氏の協力のもとインディアンジュエリーショップ「LOLMA」をスタート。パイプセレモニーの儀式を経てインディアンネームを授かる。現在、ダンサーだけに留まらずDJ活動や、数々のイベントをディレクション、オーガナイズするなど、型にハマらないボヘミアンスタイルを開拓中。

Instagram