search
instagram
facebook

suppage press

COLUMN MUSIC

Home > COLUMN > MUSIC > 【Yesterday Is History, Tomorrow Is a Mystery】vol.19 トラックメーカー・Mori Zentaroによるコラム

【Yesterday Is History, Tomorrow Is a Mystery】vol.19 トラックメーカー・Mori Zentaroによるコラム

COLUMN MUSIC

2021.01.26

 

Soulflex / Here To Stay リリースに寄せて

 

 

 

 

先週水曜に、僕が所属するアーティスト・コレクティブ「Soulflex」の新曲「Here To Stay」がリリースされました。

 

Soulflexとしては約8ヶ月ぶりで世に出す楽曲なんですが、曲自体は去年の夏にほぼ完成していました。

というのも昨年夏、コロナ禍の最中で軒並みライブが中止となってしまい、そんな中で一件だけかろうじて敢行されることになったBillboard大阪での配信ライブ(8/12に生配信)に合わせて急遽新曲を作ろうということになり、制作したという経緯があるからです。

 

僕たちとしてはクルー結成10周年の節目に、転んでもただで起きてなるものかという気持ちがありました。

その後のライブの予定も不透明な中、この機会を最大限に生かしたいと強く思いました。

結果として、メンバーには少なからず無理を頼んでしまう場面もありましたが、無事配信ライブにて初披露することができました。

 

それからリリースまでに間が空いてしまったのは、意図したわけではなく、諸々のタイミングの問題としか言いようがないんですが、無事リリースを終えた今、自分たちのこれまでのヒストリーや、それを踏まえた上での今この時の僕たちの心情などが、しっかりと刻まれた一曲になったと感じています。

 

過去、現在、未来を見据えて、自分たちの居場所を宣言するような内容の曲ですが、10周年だからそういう曲にしようとしたわけではなく、昨年のコロナ第一波の混乱の中で、何を伝えるかを考えた結果、必然的にそこに行き着いたという感じです。

 

少しSoulfexと自分のことを書きます。

 

メンバーたちとの出会いが連鎖し始めたのはもう12,3年くらい前のことになります。

その時から今までのことを思うと、生きているとこんなにいろんなことが起こるのかと、少し驚きを感じます。

 

良いことも悪いことも数え切れないくらいありましたが、そんな中で、音楽で表現するということに向き合い続けたという事実は、自分にちょっとした自信を与えてくれます。

 

自信やアイデンティティを打ち砕かれて心がズタボロになったこともあったし、不安に押しつぶされそうになるようなことも少なからずあったけど、今は自分のことがそれなりに分かってると思えるし、大抵のことは自分ならまあ乗り越えられるだろうという、自分に対するおおらかな信頼みたいなものがあります。

 

音楽に対しては、「好き」みたいな簡単な言葉では言い表せないような、深く入り組んだ気持ちを抱いています。

世間一般では嗜好品にあたるものだと思いますが、自分にとっては酸素みたいに、無いと死んでしまうんじゃないかとちょっと本気で疑うくらいに、自分と分け難いもののように感じています。

 

音楽は人の心の豊かな部分が生んだものだと思います。

 

「はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。」という昔の詩人の言葉があって、

それは人間と、音楽や文化の関係にも言えるんじゃないかと最近ぼんやりとですが思っています。

 

混沌とした現代において、人の心の豊かさが産み出し育んできた音楽や文化が、一体何が人や世の中にとって本当に豊かなのかを定義しなおすんじゃないかというような。

 

少なくとも、僕はそんな風に、人の内面の豊かさが尊重されるような時代が来ることを望んでいます。

 

僕はあくまで、音楽を作りたいという欲求が強いだけの人間ですが、その僕の中にある「音楽、ひいては表現の技術を生きてる限り突き詰めたい」という想いの先に、何か世の中を少しでも明るくするような結果が伴っていれば良いなと思います。

 

そんなわけで、僕はこれからもそういった探求を続けたいと思っているんですが、「Here To Stay」はこの先この道を振り返った時に、思い出深い峠に立つ道標のような一曲になったと思います。

 

自分語りが長くなってしまいましたが、改めて「Here To Stay」ぜひお楽しみください。

 

 

「Here To Stay」視聴リンク

 

 

 

●Profile

 

 

Mori Zentaro

 

2013年頃よりトラックメイカーとして活動を開始。 以降様々なアーティストへのトラック、楽曲提供を行う。 ミュージシャン、フォトグラファー、ペインター等が集う アーティストコレクティブ「Soulflex」に所属。 Soul,R&B,Hiphop,Jazz,Funk,Electronica,Alternative Rock など、あらゆるジャンルから影響を受けた多彩な音楽性を特色とし、2017年に行われた国内最大級のトラックメイク、 ビートメイク、作曲の大会「beat grand prix vol.02」では ファイナリストに選出された。

近年ではSIRUPの他、「香取慎吾」「山本彩」「向井太一」など数多くのアーティストからの楽曲オファーが殺到。現在最も注目されるトラックメーカー・プロデューサーの1人。

 

Mori Zentaro:

Instagram

Twitter

Soulflex:

Instagram

Twitter