search
instagram
facebook

suppage press

NEWS

Home > NEWS > MUSIC > EVENT > シネマティックジャズの急先鋒!”Folks Cinematic Jazz Ensemble” ファーストアルバム『A Journey』アナログLP発売が決定。

シネマティックジャズの急先鋒!”Folks Cinematic Jazz Ensemble” ファーストアルバム『A Journey』アナログLP発売が決定。

NEWS

2019.09.21

 

Folks Cinematic Jazz Ensemble(以下FCJE)のファーストアルバム『A Journey』アナログ盤LPが2019年10月30日に発売決定。

7月のシングル発売後、多くのレコードコレクターからの要望に応える形で、アナログ盤LP『A Journey』も発売決定!音楽サービスQRATESに期間限定で特別価格にて予約注文が受付中。

今作は96khz24bitマスターから最新のダイレクトメタルマスタリング(DDM)でカッティングされその音質も体感して欲しい。

現在ロンドンで注目の写真家”ネモ・ロバーツ”とのコラボレーションが実現、レコードジャケットにも注目だ。

7月に配信限定で発売したシングル『Folklore』『The Sun Sinking into The Sea』は発売1ヶ月でノンプロモーションながらSpotifyで約1万再生されるなど、新しいジャズシーンの中心となることが予感される。

アナログ盤の音とアートワーク両方でFCJEを感じて欲しい。

予約注文はこちら→QRATES

 

●Release Information

 

 

 

Folks Cinematic Jazz Ensemble『A Journey』

 

2019年10月30日発売

3000円+税

CJRA-1001

LP33回転

 

A1. Folklore

A2.A Man’s Step on The Pale Path

A3.Footprints on Snow Towards Warm Lights

B1.The Sun Sinking Into The Sea

B2.Far Away You Will See The Lights

B3.The End of the Cape Spread the light into the sea

B4.Finally, the soul stays where it was

 

 

●LIVE Information

 

『M-Swift 15th Anniversary&Folks Cinematic Jazz Ensemble Release Live』

 

2019年10月1日(火) JZ Brat SOUND OF TOKYO 開場17:30 開演19:30

前売り/予約 ¥6,000 当日 ¥6,500

問い合わせ: JZ Brat SOUND OF TOKYO 03-5728-0168(平日15時~21時)

主催: Cinematic Jazz Records/Styrism inc. 03-6452-3172 担当:白石

*都合により出演者が変わることもあります。

 

 

 

Folks Cinematic Jazz Ensemble featuring Nemography

 

@Suppage 代官山, 東京9月13日~9月30日

 

 

The Pale Path Nemography by Nemo Roberts in collaboration with M-Swift “Folks Cinematic Jazz Ensemble”

 

@RICE ロンドン,イギリス9月11日〜11月12日

 

 

Chill and Jazz” inspired by Folks Cinematic Jazz Ensemble

 

@du cafe 新宿, 東京9月15日15:00~19:00

 

JZ Brat SOUND OF TOKYO

Suppage

QRATES

 

 

●Artist Profile

 

Folks Cinematic Jazz Ensemble Biography

 

FCJEはM-Swiftとして、ワールドワイドに活躍する松下昇平のニュープロジェクトとしてスタート。ピアニスト堀秀彰、東京のジャズシーンの新星トランペッターYusuke Saseらが参加し、トランペットとバリトン・サックスをフロントにしたユニークなジャズセクステットに発展。ジャズをルーツに、レゲエ、ロック、チルアウトなど多様な音楽を飲みこむ新たなスタイルを追求している。曲ごとに人間が旅を通じて再生していくストーリーを現実と虚構が交錯するネモ独特の手法で表現していく。音楽のみならず、写真と音楽のコラボレーションによる新たなアートフォームを目指している。

 

Folks Cinematic Jazz Ensemble:

Guitar: 松下昇平 (M-Swift)

Piano: 堀秀彰

Drums: 服部正嗣

Bass: 中林薫平

Trumpet: 佐瀬悠輔

Baritone and Tenor Sax: 小笠原 涼

Photographer: ネモ・ロバーツ