search
instagram
facebook

suppage press

suppage press

SPECIAL BACK TO BACK

Home > SPECIAL > BACK TO BACK > 『BACK TO BACK』Vol.8 Selected by 大橋史(映像ディレクター)

『BACK TO BACK』Vol.8 Selected by 大橋史(映像ディレクター)

SPECIAL BACK TO BACK

2018.12.10

 

ジャンルを問わない各界の著名人に、お勧めする独自の’’最旬音楽’’Best3をピックアップしていただき次の選曲家を指名してもらってリレー方式で’’音楽の和”を繋げていく企画『BACK TO BACK』

Vol.8の今回は、前回の 篠田利隆氏(映像監督)からのリレー、

映像ディレクター・モーショングラファーとして活躍されております 大橋史氏にセレクトしていただきました!

 

・3曲の選考理由
素敵なミュージシャンのライブに行くとき以外に普段音楽を聴く時は移動中と仕事の追い込みに気分を高揚させるときがほとんどです。
特に仕事のモチベーションを上げるために音楽に救われることが多々あるので、「仕事のやる気が上がる音楽」を選ばせて頂きました。
 
 
 
映画『インターステラー』オリジナルサウンドトラック(2014)
このサントラを聴くと自分は重要なミッションに置かれてる気分になって仕事が捗ります。

 

rise / origa(2004)

攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIGのOP曲。
ご存知の方も多いかと思いますが、攻殻機動隊という草薙素子をはじめとする公安の秘密組織9課の活躍を描いたSFアニメなのですが、個人的にSFというよりお仕事アニメとして観ると最高に燃える作品。
各スペシャリストが事件解決に尽力をしつつも、最高のスタンドプレーが結果的にチームプレーとして機能するところがフリーランスが集まった映像の制作現場っぽいのでOP曲を聴いて9課気分で仕事すると作業が捗ります。あとロシア語ってこんなに言葉の響きが綺麗なんだなと気づかせてくれる名曲。

 

IGLOOGHOST / Black Light Ultra(2018

オタクが考えた「僕が考えた最強のヒップホップ!」って感じのいきり勃った曲で気分がめちゃくちゃ高揚します。Joe HamiltonのHYPER GROGRAPHYを音楽化したようなパッチワーク的なイメージと暴力性のあるビート。刹那的な時空間がインターネットっぽい。最強の自分を想像するとこういう感じになれるんですね。

 

Profile

大橋史 / 映像ディレクター、アニメーションディレクター、モーショングラファー

2012年多摩美術大学大学院美術研究科情報デザイン領域修了
CGの有限性・限界線を意識したアニメーション表現の研究と作品発表をする傍ら、MVや広告映像、TV番組のタイトルバックの演出等で活躍している。 作品の多くはwhite-screen、ブレーン、Stash、motionographer、onedotzero、cartoonbrew、the Creators Projectなど国内外のデザインカルチャーのマガジンや映像祭で上映・掲載され評価を受けている。 近年の活動はDAOKO「ぼく」MV演出、米津玄師「春雷」コンサート映像演出(アーティストQueHouxoとの共同演出)、西尾維新大辞展「バトルシーン」映像演出、NHK土曜ドラマ「四号警備」OP映像演出など。

TAKASHIOHASHI.COM

Twitter

 

普段はMVや広告映像のアニメーションディレクターとして活動している大橋氏。そんな彼が手がけた作品がご覧いただけます!

viemo